フードバンクとは

賞味期限内でまだ十分に食べることができ、品質にも問題がないにもかかわらず、包装不備(箱の破損、印字ミスなど)や規格外(不揃い、形状不備)、過剰在庫など市場での流通が困難になった食品を企業などから寄贈していただき、必要としている支援団体・施設に無償で提供する活動です。

「もったいないを笑顔につなげる」

 

いしかわフードバンク・ネットの役割
もったいないを笑顔につなげるフードバンクを安心して暮らせる地域インフラと捉え、食品の支援を必要としている人々や支援活動を担っている団体に届ける仕組みを石川県内整備をするため、設立いたしました。石川県内のフードバンクや子ども食堂、生活困窮者支援団体、福祉施設をつなげ、行政、企業、協同組合、各種団体、関心のある県民とともに、食品ロス問題と貧困問題を二つながらに改善する「もったいないを笑顔につなげる」活動を根付かせます。

フードバンクのメリット

食品を支援する企業側のメリット

1.廃棄コストの削減
食品などの廃棄コストの削減ができます。廃棄する際の運搬費、処理費、またリサイクルする場合にも時間や費用がかかります。
フードバンクを利用することにより、これらの費用や時間を削減することができます。
2.潜在需要の掘り起こし
フードバンクを通じて、製品が配布されることで潜在需要の掘り起こしにつながります。
3.環境負荷の低減
廃棄する際のCO2排出の削減ができます。廃棄した際の処理によるCO2削減ができ、地球温暖化防止に貢献できます。
4.企業価値やイメージの向上につなげることができます。
子どもの健全育成、社会福祉活動に貢献するCSR活動に取り組むことで、企業価値やイメージの向上につながります。

食品を受取る側のメリット

1.食費の節約による他の充実
食品が提供されることにより、食費を削減でき、浮いた予算をほかの活動回すことができます。
児童養護施設などでは、学費や備品などにあてることができます。
2.食事の保障による安心感
3.食育の面
フードバンクの食品を通じて、食への楽しみや食べ物を大切にする食育の心が養われます。

行政・自治体のメリット

1.食品廃棄物の削減
食品廃棄の抑制および削減につながり、環境負荷低減の効果が期待されます。また、自治体にて保管されている賞味期限が迫っている備蓄食料を入れ替える際に廃棄せずそれらの食品を寄付にまわせば、行政自身で食品廃棄物の削減をすることが出来ます。
2.福祉予算の負担が軽減
援助を求めている人たちが自立するきっかけになり、生活保護受給者や生活困窮者らの就労支援につながる可能性も生まれます。
余剰食品を福祉に活用し、困窮者支援することは福祉予算の削減にもなります。
3.地域活性化
食品ロスに関する問題を認識してもらう良い機会となります。
ボランティアに参加してもらい、フードバンクのシステムを利用して地域を元気にすることで、
行政と民間の連携による「生活保護でないセーフティーネット」の可能性も生まれます。